ブログ紹介 No.35352 | ホストクラブ紹介・ホスト求人サイト ホスホス

ブログ紹介
ブログ
2022年12月2日 22:37
リシャール柊のホスホスブログ
仙台国分町★club break★でホストやってます。リシャール柊です。ブログ始めました。見てくれると誕生日より喜びます。ご来店いただいた際、「リシャール柊」の合言葉で初めて・新規のお客様へ割引致します。
Break
リシャール柊
  • 人はみな、過去の延長を生きている
    2022年12月2日 22:37

     

     

    もし、あの時、倉庫の仕事をやめていなかったら・・・・

     

     

    過去の思い出を美しいまま心に留めておくのか、自分の架空の未来を見に行くのか。

     

    迷いに迷った結果、派遣バイトとして倉庫業務を1日だけやることにした。

     

     

     

    ________________________________

     

     

    おはようござリシャす!

     

     

    ここ4日間、肌荒れを治すためにずっとヒゲを剃らないでいたら、山田孝之みたいになっちゃいました。笑

     

     

     

     

     

     

     

     

    クラブブレイク、12月12日の新店舗オープンに向け着々と準備が進んでおります。

     

     

    どうも、クラブBreakのリシャール柊です。

     

     

    この4日間ヒゲを剃らないとともに、久々にお昼の仕事をしてきました。

     

    今回はその時に感じたことをブログにしたいと思います。

     

    ホストクラブで働き始めて1年とちょっと、リシャール柊の心境にどんな変化があったのでしょうか。

     

     

    ぜひ読んでみてください。

     

     

     

     

     

     

    ________________________________

     

     

     

    人間というのは本当に、ないものねだりをする生き物である。

     

     

    眠れない環境では眠いのに、眠れると分かった途端に目が覚める。

     

    学校に来ていないヤンキーも、卒業式にはしっかり出て青春を謳歌しようとする。

     

    いつもタクシーにばかり乗っていると、たまに乗る市営バスが新鮮だったりする。

     

     

     

     

    俺も例に漏れず、過去の選択が本当に正しかったのか・・・・

    疑問を抱くことが最近は続いていた。

     

     

     

     

    人はみな、過去の延長を生きているようで、本当は未来に期待を抱いている。

    だからこそ、置かれている環境から抜け出したり、そこに踏みとどまったりする。

     

     

     

    もし、あの時、倉庫の仕事をやめていなかったら・・・・

     

     

    過去の思い出を美しいまま心に留めておくか、自分の架空の未来を見に行くか。

     

    迷いに迷った結果、派遣バイトとして倉庫業務を1日だけやることにした。

     

     

     

     

    某日、お昼の12時。

     

    とある倉庫に着き、ひたすらに物を運んで出荷するという作業の繰り返し。

     

    倉庫業務も出荷作業も運送もやったことがある俺は、懐かしいなと思いながら、見たことがあるような景色をぼーっと眺めていた。

     

     

     

     

     

    「柊さん、ちょっといいですか」

     

    「はい?」

     

    「今日21時までって契約だったんですけど、ぶっちゃけ0時まで残れたりしないですかね。」

     

    「0時!?」

     

    「はい、、、ちゃんと休憩も入れますんで~」

     

    「んーーーー、

     

    (ワールドカップ夜中に見る予定だったから0時まで暇っちゃ暇なんだよなー・・・)

     

    いいですよ!!!!!!!」

     

    「ありがとうございます!!」

     

     

     

     

     

    ここにいる人間の誰が、俺のことをホストだと思うだろう。

    派遣バイトで来た金髪のお兄さんくらいにしか思っていないだろう。

     

     

     

     

     

    0時まで働き、帰路に着く。

     

     

     

     

    今回働いてみて感じたことはただ1つ。

     

     

     

     

     

    人にはそれぞれ、性格・生活・性欲があって、どれが悪いも良いも無い。

     

    ただホストという仕事に関しては、生まれ持った性格・生活・性欲が必要なわけで、それを備えた上で自分の人生の選択ができること。

     

    そしてその競争の中で1度でもNo.1を取れたこと。

     

     

     

     

     

     

     

     

    ホストは、なりたくてもなれない人がたくさんいる。

     

    もっと、自分の置かれた環境に感謝せねば。

     

     

     

     

    新店オープンに向け、より一層自分の決意が固まるいい経験だった。

     

     

     

    ________________________________

     

     

     

    なんか最後の方わけわかんなくなっちゃいました笑

     

     

    要は、もっと周りに感謝しようって思いましたって話です。

     

     

    最近思うんですが、ドラえもんって未来を見せてくるからちょっと面白みに欠ける部分がありますよね・

    ・・・

     

     

     

     

     

     

     

    #ドラえもんのコスプレ

     

     

     

     

    え?今日は普段のリシャール柊の写真を見せてくれないのだって?

     

     

     

     

     

     

     

    実物を見たい方、クラブブレイクでお待ちしてます。

     

     

     

    あ、僕を指名するのも忘れずに。

     

     

     

     

     

     

     

    「人の目が気になる?(^ー^)

    だったら誰よりも輝いて、

    むしろ人の目を集めればええねん!!(^^)v」

     

     

    あリシャとうございました!

     

     

     

    ____________________________

     

     

    リシャール柊のホスホス日記

    第40話 

    [  人はみな、過去の延長を生きている ] 完

     

     

     

  • IKEAでメシ食べて、、、みない!!!
    2022年11月24日 17:28

     

     

     

    幼少期の5歳の時に1度だけ食べたことのあるIKEAのホットドッグ。

    当時からめちゃくちゃ安くて、初めて自分のお金で買って食べた外食だった。

     

     

    初めてのおつかいで行った場所に、23年ぶりに行ってみることにした。  

     

     

     

     

    ________________________________

     

     

    おはようござリシャす!

     

     

    元サッカー部として、今回のカタールワールドカップめちゃくちゃ楽しみです。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    どうも、クラブBreakのリシャール柊です。

     

     

    前回のブログで、血液検査とアレルギー検査で異常がないということを書きました。

    実は同じ日に、僕の身に起こった事件がありました。

     

    今回はそんな事件をブログにしたいと思います。

     

    ホストクラブは全く関係のないブログですが、ぜひ読んでみてください。

     

     

     

     

     

     

    ________________________________

     

     

    時というのは残酷だ。

     

    あの頃可愛かった近所の青年も、25年も時が経てば、髪を明るく染めていたり、太っていたり、繁華街で飲み明かしていたりする。

     

     

    何が正しくて何が間違っているかなんて、時が経てば変わり、国境を越えれば変わり、ましてや大阪と東京と仙台でも常識が違う。

     

    (実は、かまぼこという単語を聞いて連想するものは全国で人によって違ったりする)

     

     

     

    そんな俺も例に漏れず、夜になるとなぜかめちゃくちゃ具合が悪くなる時期があった。

    ホストという仕事をする上では死活問題である。

     

     

    体を労るために受けた血液検査とアレルギー検査。

    どちらも異常なし。

     

    まあ、きっと寝不足と疲れが同時に来たのだろう。

    老いという「時」は、ひたすら残酷さを知らせてくる。

     

     

     

    ともかく、血液検査とアレルギー検査で異常がなかったことはいいことだ。

    どこかでいい感じのご飯でも食べよう。

     

     

     

     

    「IKEA」

     

     

    ふと、目に入ってきた4文字。

     

     

     

    そういえば、IKEAってフードコートあったよな・・・・・・

     

     

     

     

     

    幼少期の5歳の時に1度だけ食べたことのあるIKEAのホットドッグ。

    当時からめちゃくちゃ安くて、初めて自分のお金で買って食べた外食だった。

     

     

    初めてのおつかいで行った場所に、23年ぶりに行ってみることにした。 

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ごめん!!

     

    初見でムリ!!!!!!!!!

     

    これは事件だ!!!!!!!!!!!!!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ベジドッグとかいう、野菜でできたホットドッグを食べて帰る。

    味は普通。

     

     

     

    んー、なんだったんだこの1日は。

     

    ワロタ(^^)v

     

     

    ________________________________

     

     

    IKEAからの意見は、

     

     

    そもそも北欧料理出してるんだから日本人の口に合わなくてもそれは文化の違いだろ。

    文句言うなぁぁぁぁ!!!

     

     

    だそうです。

     

     

    #こうゆう意見好き

     

     

     

    そういえば北欧では、太陽が沈まない1日があって、その日はみんな朝までお祭り騒ぎで、ハッピーな夜になるみたいです。

     

     

    ハッピーな夜、、、、

     

    ハッピーナイト、、、、、

     

    ハッピーバースデー、、、、、、、、

     

     

     

     

     

     

    本日11月24日(木)、Happy Night幸夜 支配人のバースデーイベントです!!!!

     

     

     

     

    クラブブレイクでお待ちしてます。

     

     

     

    あ、僕を指名するのも忘れずに。

     

     

     

     

     

     

     

    「人の目が気になる?(^ー^)

    だったら誰よりも輝いて、

    むしろ人の目を集めればええねん!!(^^)v」

     

     

    あリシャとうございました!

     

     

     

    ____________________________

     

     

    リシャール柊のホスホス日記

    第39話 

    [  IKEAでメシ食べて、、、みない!!! ] 完

     

     

     

  • 体を労ることもまた大事。
    2022年11月18日 17:01

    体を労ることもまた大事。

     

     

     

    なぜか、夜になるとめちゃくちゃ具合が悪くなる。

    ホストにとって死活問題である。

     

    この体調不良の原因を、とことん探ってみることにした。

     

     

     

    ________________________________

     

     

    おはようござリシャす!

     

    アクロバットびじゅある!!!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    どうも、クラブBreakのリシャール柊です。

     

     

    10月末、ものすごく具合が悪かったのでせっかくならと思い精密な検査を受けてきました。

     

     

    具合が悪いと思った時の対処法みたいな感じで参考にしていただければ幸いです。

     

    ぜひ読んでみてください。

     

     

     

     

     

     

    ________________________________

     

     

    なぜか、夜になるとめちゃくちゃ具合が悪くなる。

    ホストにとって死活問題である。

     

    この体調不良の原因を、とことん探ってみることにした。

     

     

    症状としては、眠気・吐き気・倦怠感。

     

    猫と戯れた時と、お酒を飲んだ時に症状が出る。

     

     

    症状はかなり重く、早退や病欠してしまうほどだった。

     

    内臓の病気か、はたまたアレルギーを発症したか気になる所。

     

     

     

    まず内臓の検査のために、血液検査を受けることにした。

     

    血糖・脂質・肝機能・貧血・腎機能・痛風

     

    採血を行い、この5つの数値に異常がないかを見るというもの。

     

     

    JR仙台病院のスイスイ検診というものですぐにやってもらった。

     

     

     

     

     

     

     

     

    注射なんて大っっっっっっキライ!!!!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    (てか、JR仙台病院、マジでいい病院でした。病院嫌いな僕からしたら病院からすぐに帰りたいし、スムーズに案内してほしいんですよ。その全てを叶えてくれたステキなイケメンなセクシーな病院でした!! 通います!!!  )

     

     

    (あ、通ったらだめか。笑)

     

     

    (えーでもポイントカードとかあったら絶対通っちゃうよー!!)

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    (ポイントカードあんのかよ。。。。逆に不謹慎だろ・・・・・)

     

     

     

     

     

     

    そして次に、アレルギー検査を受けに行くことに。

     

    病院名は出しませんが、耳鼻科でアレルギー検査をしてくれるとのことだ。

     

     

    「こちらの問診票に症状の記載お願い致します。」

     

    (書き終わって渡す)

     

     

    「・・・・・」

     

    「耳鼻科に来るような症状1個も書かれていないのですが、何しにいらしたんでしょうか?」

     

     

     

     

    (ん????!!! 今、「こいつ何しにきた?怒」をめちゃくちゃ丁寧に言ったよね??!! 失礼だろ??!!??)

     

     

     

    『アレルギー検査やってるってネットで見て来ました。』

     

     

    「当院ではアレルギー検査はやっておりません。」

     

    『え!?ネットにはやってるって書いてあるよ』

     

    「いえやっていません。念のため院長の方にも確認取りますね。」

     

     

    ~30秒後~

     

     

    「院長に聞いたらアレルギー検査やってるって言われましたー笑」

     

    『やってんじゃねえかw   笑ってんじゃねえw』

     

     

     

    そんなこんなで2つの診察が終わった。

     

    結果は1週間後に出るらしい。

     

     

     

    ~1週間後~

     

     

     

    さあ、どんな病気が俺を待っているのか・・・・

     

    恐る恐る届いた封筒を開けてみた。

     

     

    ( 異常なし )

     

     

    あれ、、、あんなに具合悪かったのに異常なし・・・・

     

     

     

    医者曰く、疲れと寝不足がおそらくの原因だということ。

     

     

    寝不足・・・・

    思い当たる節は・・・・めっちゃある・・・

     

     

     

     

    ________________________________

     

     

    紆余曲折色々なことがありましたが、

    まあよく寝ましょうってのが結論です

     

    え?一緒人寝て欲しいって?

    色恋本営鬼枕ご希望ですって?

     

     

    クラブブレイクでお待ちしてます。

     

     

     

    あ、僕を指名するのも忘れずに。

     

     

     

     

     

     

     

    「人の目が気になる?(^ー^)

    だったら誰よりも輝いて、

    むしろ人の目を集めればええねん!!(^^)v」

     

     

    あリシャとうございました!

     

     

     

    ____________________________

     

     

    リシャール柊のホスホス日記

    第38話 

    [  体を労ることもまた大事。 ] 完

     

     

     

  • お前のものは俺のもの。俺のものも俺のもの。 
    2022年11月11日 17:02

     

     

     

     

    こんな自己中心的な発言をする有名人がいる。

     

    そう、みんなが知っている国民的キャラクター、ジャイアンだ。

     

    実はこの言葉には感動的なエピソードがある。

    皆がイメージするジャイアンではないかもしれないが、ここで紹介しようと思う。

     

     

     

     

     

    ________________________________

     

     

    おはようござリシャす!

     

    先日、クラブブレイクでハロウィンコスプレイベントがあり、今回はしずかちゃんのコスプレをさせていただきました!!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    #ヤバくね??

     

    #ファンキーなしずかちゃんのコスプレです。

    #タトゥーシールです。

     

     

    どうも、クラブBreakのリシャール柊です。

     

     

    前回のコスプレイベントではのび太くんのコスプレをやりまして、めちゃくちゃドラえもんに影響を受けている状況の僕ですが・・・

     

    せっかくなので今回はジャイアンにまつわる話をブログにしたいと思います!

     

     

    ぜひ読んでみてください。

     

     

     

     

     

    🔽のび太くんのコスプレをしたときのブログ🔽

     

     

    https://ameblo.jp/shu-break/entry-12748701212.html

     

     

    ________________________________

     

     

    「お前のものは俺のもの!俺のものも俺のもの!」

     

     

    こんな自己中心的な発言をする有名人がいる。

     

    そう、みんなが知っている国民的キャラクター、ジャイアンだ。

     

    実はこの言葉には感動的なエピソードがある。

    皆がイメージするジャイアンではないかもしれないが、ここで紹介しようと思う。

     

     

    それはのび太の小学校の入学式。初日から早速寝坊をして遅刻してしまい、何もかも上手く行かずに裏山で途方に暮れていたのび太。

     

     

    すると、運悪くランドセルが木にぶつかって坂を転げ落ちてしまい、転げ落ちたランドセルは走行中のトラックの荷台に乗ってどこかへ走り去ってしまう。

     

     

    ランドセルを必死に探しに行くも見つかるはずもなく、雨が降ったり犬に噛まれたりと災難続きで、悲しすぎてのび太の心は折れてしまう。

     

     

    すると、のび太が学校に来てない事に気が付いて、もしかしたら何かあったのではないかと心配したジャイアンが探しに来てくれた。

     

    のび太と共にランドセルを探し、やっとの思いでトラックに乗ったのび太のランドセルを見つけたジャイアン。

     

     

    「ほらよ!」

     

     

    必死に探したことを隠すかのように、そしてのび太を安心させるために気丈に振る舞うも、ジャイアンの優しさよりも自分の不甲斐なさに泣いてしまうのび太。

     

     

    もっとのび太を安心させねければいけないと思ったジャイアンはこう言った。

     

     

     

     

     

    「お前のものは俺のもの!俺のものも俺のもの!

     

    お前のものが無くなってるなら、俺の物が無くなってるのと同じなんだ。

     

    必死に探すのなんて当たり前だろ!」

     

     

     

    めちゃくちゃ男らしい姿を見せてくれるジャイアン。

     

    素敵な名セリフが生まれた瞬間だった。

     

     

     

    ________________________________

     

     

     

    こんな漢の中の男に僕もなりたいです。

     

    次にコスプレイベントはジャイアンやろうかな。

     

     

     

     

    え?見に行きたいって??

     

     

    クラブブレイクでお待ちしてます。

     

     

     

    あ、僕を指名するのも忘れずに。

     

     

     

     

     

     

     

    「人の目が気になる?(^ー^)

    だったら誰よりも輝いて、

    むしろ人の目を集めればええねん!!(^^)v」

     

     

    あリシャとうございました!

     

     

     

    ____________________________

     

     

    リシャール柊のホスホス日記

    第37話 

    [  お前のものは俺のもの。俺のものも俺のもの。 ] 完

     

     

     

  • やばい、暇だ!パート7
    2022年11月9日 21:03



    どうも、クラブブレイクのリシャール柊です。


    本日、僕がお茶の日(お姫を呼べない日)ということでブログを上げてみようと思います。



    「本日、119()、リシャール柊、



    朝ラー食べて朝風呂入って朝マック食べて、あれ・・・午前中ってこんなに長かったっけ・・・



    ってくらいクラブブレイクで暇してます!」


    果たして、ご指名ご来店いただける日は来るのだろうか、、、、


    お待ちしております!



    読んでいただき、あリシャとうございました!




    ____________________________

     


    リシャール柊のホスホス日記

    番外編

    [やばい、暇だ!パート]完


  • 当たり前にナンバーに入れるだなんて思っちゃいけない。
    2022年11月3日 15:03

     

     

     

    当たり前にナンバーに入れるだなんて思っちゃいけない。

    いつだって支えてくれた人がいる。

    感謝の気持ちは絶対に忘れない。

     

     

    ________________________________

     

     

    おはようござリシャす!

     

    最近、17ライブを始めました。

    毎日配信は難しくてできませんが、配信することで初回のお客様が増えて少しでもクラブブレイクというホストクラブを知っていただけたら幸いです。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    どうも、クラブBreakのリシャール柊です。

     

     

    2022年10月度、No.1になれました。

     

    2022年7月度以来のNo.1でした。

     

     

    ただ、自分の中でものすごく違和感がありましたのでブログに書き残しておきたいと思います。

     

     

    ぜひ読んでみてください。

     

     

     

     

    ________________________________

     

     

    2022年10月度、No.1になれた。

     

    自分の誕生日イベントもあり、何かをやり切った気はしなかった。

     

     

    自分がやったことは、目の前のお姫を楽しませただけ。

     

    7月度も同じように考えていた。

     

     

    7月と10月で、何が違かったか。

     

    たった1つ。

     

     

     

     

     

    「俺はナンバーに当たり前に入れる」

     

     

     

    こんな調子に乗ったことを考えてしまっていた。

    自分でもわかっていることが1つある。

     

    最近、「何か」に対して麻痺してきていることがある。

     

    その何かがどんなことなのかは自分でも分からないが、新人の頃、当たり前ではなかったことが今は当たり前だと感じることが多々ある。

     

     

     

    慣れというものの恐ろしさを自覚して、初心を忘れず、今後もお姫に感謝していきたい。

     

     

     

    当たり前にナンバーに入れるだなんて思っちゃいけない。

    いつだって支えてくれた人がいる。

    感謝の気持ちは絶対に忘れない。

     

     

    ________________________________

     

     

    ナンバーに入り続けていられてるのも、自分の実力ではなく全部お姫のお陰だと思っています。

     

    そんな応援にもっと応えられるよう、これからも頑張っていきます!

     

     

    加えて、ブログを書き始めて約10ヶ月が経ちました。

     

    そろそろ、ネタが切れてきております。

     

     

    何かおすすめのネタとか企画があったら教えてください!!

     

    え?過激なネタすぎて直接じゃないと言えないって???

     

     

     

    クラブブレイクでお待ちしてます。

     

     

     

    あ、僕を指名するのも忘れずに。

     

     

     

     

     

     

     

    「人の目が気になる?(^ー^)

    だったら誰よりも輝いて、

    むしろ人の目を集めればええねん!!(^^)v」

     

     

    あリシャとうございました!

     

     

     

    ____________________________

     

     

    リシャール柊のホスホス日記

    第36話 

    [  当たり前にナンバーに入れるだなんて思っちゃいけない。 ] 完

     

     

     

  • やばい、暇だ!パート6
    2022年10月30日 20:06



    どうも、クラブブレイクのリシャール柊です。


    本日、僕がお茶の日(お姫を呼べない日)ということでブログを上げてみようと思います。



    「本日、1030()、リシャール柊、



    病院の待ち時間で、ずっとYouTube見てたら呼ばれてたの気付かなくて、めっちゃ時間経ってて次の予定すら無くなった



    ってくらいクラブブレイクで暇してます!」


    果たして、ご指名ご来店いただける日は来るのだろうか、、、、


    お待ちしております!



    読んでいただき、あリシャとうございました!




    ____________________________

     


    リシャール柊のホスホス日記

    番外編

    [やばい、暇だ!パート6]完


  • マラソンは人生と同じ
    2022年10月24日 15:10

     

     

     

     

    マラソンは人生と同じ。

    苦しくてもやり続けていれば、やがてゴールは見える

     

     

     

    ________________________________

     

     

    おはようござリシャす!

     

    先日、10月23日にマラソン大会に出てきました。

    10Km走り切りました!!

     

    #ダイエットとか言って最後にラーメン食べてる

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    どうも、クラブBreakのリシャール柊です。

     

     

    今回は、マラソン大会に出てちょっと感動したのでそのことをブログに書こうと思います。

     

     

     

    ぜひ読んでみてください。

     

     

     

     

    ________________________________

     

    10月23日、七ツ森ハーフマラソン大会。

     

    我がクラブブレイクの統括、仏の翔さんと共に参加することに。

     

     

     

     

    ハーフマラソンはしんどいので、10Kmの部にエントリーした。

     

     

    会場に着く。

     

    (ってか、そもそもホストという仕事において、朝の7時に集合しなければいけない状況はありえないくらい辛い。)

     

     

    受付作業を終え、マラソンガチ勢がたくさんいる確実に場違いな雰囲気の中、マラソン大会が始まった。

     

     

     

     

    「きっと、ゆっくりでもいけるだろう」

     

     

     

     

    ゆったりゆったり、、、、、

    1歩1歩進んでいく、、、、、

     

     

     

    「こんな田舎の道をゆったり走るのは気持ちがいいな」

     

     

     

    そんなことを思いながら走っていると、3キロあたりで苦しくなってきた。

     

    そして、ただ真っ直ぐ走っているだけでも坂道の上り下りがあり、それもまた苦しさを増してくる。

     

    4キロほど走り終わったところで束の間の給水所。

    水を飲み、休む間もなくスタート。

     

     

    「あれ、まだ6キロもあるの?」

     

     

    走り切ると決めて自分でエントリーしたのに、こんなにきついならエントリーしなきゃよかったと言う気持ちが徐々に湧き上がるのを感じた。

     

     

     

     

     

    5キロ、折り返し地点。

     

     

     

     

     

     

     

    最初は田舎の道を走るのが気持ちがいいと思っていたのに、慣れてくると気持ちいいどころか、地味な道をひたすら走らされているように感じる。

     

     

    沿道にいるおじいちゃんおばあちゃんは、「ほら、もうちょっとだよ頑張って!!!」

    そんな言葉をかけてくれる。

     

     

     

    「いつになったらゴールに着くんだろう。」

     

     

     

    苦しいけど、もう足もめちゃくちゃ疲れているけど、ゴールはまだ遠い。

     

    そんな状況でも、足踏みをする以外にゴールに近づく方法は無い。

     

     

     

     

     

     

    「ほら、この坂を登ったらゴールだよ!!本当にもうちょっとだよ頑張って!!!」

     

     

     

     

    やっとゴールが近づき、最後の坂道を登った先にゴールはあった。

     

     

     

    ゴール地点では、地味な田舎道とは異なる、お祭りのような世界が広がっていた。

     

     

     

     

     

     

    このマラソン大会の達成感とともに、大きく学んだことがある。

     

     

     

     

     

    「どんなにゆっくりしていても、人生はも登り坂も下り坂もあるし、息切れだってする。

    そこで諦めてしまう人も大勢いる。

    それもそのはず、目標は大きければ大きいほどその道のりは地味で果てしなく遠い。たとえ目標がどれだけ小さくても苦しい瞬間は必ずある。

     

    地味で果てしなく遠くそして苦しくても、必ずゴールは見えてくる。

     

     

    マラソンは人生と同じ。

    苦しくてもやり続けていれば、やがてゴールは見える。」

     

     

     

     

     

     

     

    温泉に入り、ラーメンを食べて帰宅、失神するかのようにベッドに就いた。

     

     

     

     

     

     

     

    ________________________________

     

    マラソンって、人によっては「ランナーズハイ」という心理状態を起こせるみたいです。

    今回僕はランナーズハイは起こせなかったのですが、次回参加するまでに起こしてみたいです。

     

    こんな感じで、何かを達成しても反省点が残ってまたやり直したくなるのもまた「マラソンは人生と同じ」だと思った所以なのかもしれませんね。

     

     

     

    逆に、ランナーズハイの起こし方知っている人いたら教えてください。

     

     

     

    クラブブレイクでお待ちしてます。

     

     

     

    あ、僕を指名するのも忘れずに。

     

     

     

     

     

     

     

    「人の目が気になる?(^ー^)

    だったら誰よりも輝いて、

    むしろ人の目を集めればええねん!!(^^)v」

     

     

    あリシャとうございました!

     

     

     

    ____________________________

     

     

    リシャール柊のホスホス日記

    第35話 

    [  マラソンは人生と同じ ] 完

     

     

     

  • ホームランを打っても、はっきりと、また野球をやりたい、とは言えない
    2022年10月17日 15:01

     

     

     

     

    スポーツでも勉強でも、予想外の言葉を言う人がいる。

     

     

    いつも発している自分の言葉に、超重要な心理学の法則が隠されていることを皆知らない。

     

     

     

     

    ________________________________

     

     

    おはようござリシャす!

     

    先日、10月15日中間締日No.1でした。

    応援していただき本当にありがとうございます!!

     

    ただ、僕自身は何も頑張っていないし、お姫が支えてくれたからこその結果です。

    これからも、ナンバーがどうとかは関係なく、クラブブレイク来店してくれたお姫を全力で楽しませます!!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    どうも、クラブBreakのリシャール柊です。

     

     

    さてみなさん、「夢」ってありますか?

     

    今回は、この「夢」が実は人生の足かせになるかもしれないという心理学を紹介したいと思います。

     

     

    僕はこの心理学にめちゃくちゃ救われました!!(笑)

     

    ぜひ読んでみてください。

     

     

     

     

    ________________________________

     

    今回紹介するのは「セルフハンディキャッッピング」という心理学だ。

     

    セルフ・ハンディキャッピングとは、成功したら「ハンデを乗り越えた自分はすごい」と思うために、あらかじめ言い訳をして自分自身にハンディキャップを課すこと。

    逆に言えば、失敗しても自尊心が傷つかないように、先に言い訳をする事を指す。

     

     

    例を挙げるなら、

     

    テストで100点を取ると意気込んだものの、いつの間にかマンガばっかり読んで勉強をしないような状態。

     

     

    もし、テストで100点を取れなかった場合、

    「マンガばっかり読んでたんだからそりゃ100点は取れないよね」

    と心の中で納得するだろう。

     

    こうやって人間は誰しも、「セルフ・ハンディキャッピング」と言う心理学をいつの間にか使っていて、結果が良くても悪くても自分のプライドを守るように出来ているのだ。

     

     

     

     

    でも、どうせだったらテストで100点を取りたい!!!

    これが人間の本心だろう。

     

    でも努力なんて大っ嫌い!!!!

    これも人間の本心だろう。

     

     

     

     

    ではどうしたらいいのか。

     

    はっきり言うが、結論として

     

    【ネガティブな発言も、ポジティブすぎる発言も控える】

     

    これに尽きる。

     

     

    ネガティブな発言はネガティブな行動を生み、そしてポジティブ過ぎる発言は理想と現実の乖離を大きくする。

     

    私利私欲に惑わされず、目の前の課題を何も考えず淡々とこなしていく事こそ、「セルフ・ハンディキャッピング」を避け結果を生み出すために必要だと俺は思っている。

     

     

     

     

    「ホームランを打っても、はっきりと、また野球をやりたい、とは言えない」

     

    これはイチロー選手の言葉だ。

     

     

     

    「ここまで来るのはしんどかったけど、試合では負けました。悔しいです。」

     

    これはとある格闘家の言葉だ。

     

     

     

    スポーツでも勉強でも、予想外の言葉を言う人がいる。

    そして予想外の言葉を使う人ほど、結果を出していることがよくある。

     

    きっとアスリートともなると、「セルフ・ハンディキャッピング」を避けるための思考が自然とできるのだろう。

     

    サッカーの方が好きなプロ野球選手が多いのも、「セルフ・ハンディキャッピング」に惑わされず才能を伸ばした人達の思考の一部なのだと思う。

     

     

     

     

    いつも発している自分の言葉に、超重要な心理学の法則が隠されていることを皆知らない。

     

     

    「セルフ・ハンディキャッピング」のみならず心理学はもっとたくさんある。

    もし少しでも興味を持ったなら、検索して役立てて欲しいと思う。

     

     

    ________________________________

     

    書いてて思ったのですがめっちゃ難しくなってますよね・・・・

     

     

     

     

    まあいいや。それぞれで調べてください笑

     

     

     

    え?

     

    もっとわかりやくす説明しろって???

      

     

     

     

     

    クラブブレイクでお待ちしてます。

     

     

     

    あ、僕を指名するのも忘れずに。

     

     

     

     

     

     

     

    「人の目が気になる?(^ー^)

    だったら誰よりも輝いて、

    むしろ人の目を集めればええねん!!(^^)v」

     

     

    あリシャとうございました!

     

     

     

    ____________________________

     

     

    リシャール柊のホスホス日記

    第34話 

    [  ホームランを打っても、はっきりと、また野球をやりたい、とは言えない ] 完

     

     

     

  • やばい、暇だ!パート5
    2022年10月14日 20:48



    どうも、クラブブレイクのリシャール柊です。


    本日、僕がお茶の日(お姫を呼べない日)ということでブログを上げてみようと思います。



    「本日、1014()、リシャール柊、



    マンガ100冊を古本屋に買取で持って行って、1時間待ったのに1000円にしかならなくて、え、この時間何だったん?



    ってくらいクラブブレイクで暇してます!」


    果たして、ご指名ご来店いただける日は来るのだろうか、、、、


    お待ちしております!



    読んでいただき、あリシャとうございました!




    ____________________________

     


    リシャール柊のホスホス日記

    番外編

    [やばい、暇だ!パート5]完


  • はっぴのバースでの、トゥーユー。
    2022年10月10日 17:55

     

     

     

    別の方法として、サフランという成分を摂取するとお酒で記憶がなくなることは防げるようです。

     

     

    どこで売ってんねん・・・・・・・

     

     

     

     

     

    ________________________________

     

     

    おはようござリシャす!

     

    先日、10月8日に僕の生誕祭がありました。

    みなさんに盛り上げていただき本当にありがとうございました!!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    どうも、生誕祭でお酒で潰れてしまいました。

     

    クラブBreakのリシャール柊です。

     

     

    さて、人はなぜ、お酒を飲むと記憶がなくなるのでしょうか。

    なんとなく調べてみました。

     

    思ってたより面白いことが判明しましたのでブログに書き残しておこうと思います。

     

     

    ぜひ読んでみてください。

     

     

     

     

    ________________________________

     

    ではまず、なぜ人はお酒で記憶が無くなってしまうのか。

     

     

    メカニズムを説明すると、

     

    血中のアルコール濃度が上がると、脳の中の海馬が麻痺してしまう。

    海馬は中期的な記憶をつかさどる場所。そこが機能しなくなることにより、「覚えている」ことができなくなってしまうのである。

    記憶が飛ぶということは脳の一時的な記憶障害であり、ブラックアウトと言われます。

     

     

    あれ?今まではお酒に飲まれる前に眠くなって勝手に寝ていたような・・・・

     

     

    実は、肝臓に良いとされるウコンや豚肝臓エキスを飲むと、確かに肝臓は強くなるものの、今度は脳に負担が行きやすくなり、結果としてお酒を飲める量が増えても記憶を無くしやすくなることがわかったのである。

     

    要は肝臓を強くすることが出来ても脳が炎症を起こしてしまい、肝臓は動かせるため眠くなることがなくそのまま飲み続けてしまうのだ。

     

     

    ということは、肝臓を強くして脳が炎症を起こさないようにすればいい、という結論になる。

     

     

     

     

    んー・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     

     

     

     

    (ここだけの話、お酒で脳が炎症を起こさなくなる方法が1つだけあるのですが、危険すぎてここでは言えません。聞きたい人はクラブブレイクで僕を指名してくれたら教えます。あ、犯罪を犯すようなことではないからね?)

     

     

     

     

    別の方法として、サフランという成分を摂取するとお酒で記憶がなくなることは防げるようです。

     

     

    どこで売ってんねん・・・・・・・

     

     

    というわけでインド料理屋でサフランライスを食べてきました。

     

     

     

     

     

     

     

    単純にお米の味しかしない・・・・・・

     

     

    ________________________________

     

    お酒で記憶が無くなった次の日って、めちゃくちゃ怖いですよね。

     

    買った記憶のないものがバッグに入ってたり、自分の家だと思ったら知らない人の家だったり、どうやって帰ったか分からなかったり・・・・・・

     

     

    え? 介抱してタクシーに乗せて欲しいって??

     

     

    クラブブレイクでお待ちしてます。

     

     

     

    あ、僕を指名するのも忘れずに。

     

     

     

     

     

     

     

    「人の目が気になる?(^ー^)

    だったら誰よりも輝いて、

    むしろ人の目を集めればええねん!!(^^)v」

     

     

    あリシャとうございました!

     

     

     

    ____________________________

     

     

    リシャール柊のホスホス日記

    第33話 

    [  はっぴのバースでの、トゥーユー。 ] 完

  • 美しく儚い、我が意に反す桜吹雪
    2022年10月4日 07:09

     

     

     

     

    敢えて詳細は書かないが、自分にとって一番大切なものを大切にできない人生が大阪にはあった。

     

     

     

     

     

    ________________________________

     

     

    おはようござリシャす!

     

    ホスト初めてから体重が10キロ増えました!

     

    間違えた、、、、

     

    ホストを初めてから1年が経ち、誕生日を迎えて28歳になりました。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    どうも、クラブBreakのリシャール柊です。

     

     

    今回は、あと2年で終わってしまう20代で後悔していることを2つ書きたいと思います。

     

     

     

    ここで一句。

     

    【花は散るからこそ美しいものの、美しく儚い、我が意に反す桜吹雪】

     

     

     

    ぜひ読んでみてください。

     

     

     

     

    ________________________________

     

    20代の後悔を2つ

     

     

    ・大阪に住んでみたかった

     

    もう少しだけ、あと6ヶ月だけタイミングが合えば、僕は大阪に住もうとしていた。

    家も決めたし、仕事も決めた。

    引越しの準備ももう少し。

    しかし、そのタイミングで大阪に引っ越すことによって、仙台に自分の居場所がなくなることを知った。

     

     

    敢えて詳細は書かないが、自分にとって一番大切なものを大切にできない人生が大阪にはあった。

     

     

    大阪で死ぬか、地元である仙台で死ぬか。

    そのくらい規模の大きな選択だった。

     

     

    今でも、もし大阪に引っ越していたら、、、、、、そう思うことがよくある。

     

     

     

    西成のディープすぎる飲食店、ローカルなのにめちゃくちゃ面白いテレビ番組、ミナミの雰囲気、新世界のそば屋・・・・・

    たった3回の観光で、僕は大阪が大好きになった。

     

     

     

    それでも、大阪に住む夢は叶わなかった。

     

     

     

    きっと観光で行くことももうないだろう。

    また住みたくなってしまうから。

    思い出は、思い出のままの方が美しいこともある。

     

     

    僕は仙台に残る決断をしたことを決して恥じてはいない。

    一番大切なものを大切にできる人生を選べたことは幸せだったと思う。

     

    そして、人生の後悔を自分で選べたことを心の底から誇らしく思っている。

     

     

     

     

    ・有名になりたかった

     

    今からでもできるやん。あと2年元気出して頑張りなはれ。

     

     

    ________________________________

     

    しみじみとしたブログを書いてみました。

    大人になるってなんなんでしょうね。

     

     

    有名になれなかったっていう後悔をしないためにも、これからSNSめっちゃ頑張ります。

     

     

    あ、、、、10月8日に僕の生誕祭があります。

    ぜひきてね!!

     

     

     

     

    クラブブレイクでお待ちしてます。

     

     

     

    あ、僕を指名するのも忘れずに。

     

     

     

     

     

     

     

    「人の目が気になる?(^ー^)

    だったら誰よりも輝いて、

    むしろ人の目を集めればええねん!!(^^)v」

     

     

    あリシャとうございました!

     

     

     

    ____________________________

     

     

    リシャール柊のホスホス日記

    第32話 

    [  美しく儚い、我が意に反す桜吹雪 ] 完

     

     

     

  • やばい、暇だ!パート4
    2022年9月27日 20:40



    どうも、クラブブレイクのリシャール柊です。


    本日、僕がお茶の日(お姫を呼べない日)ということでブログを上げてみようと思います。



    「本日、927()、リシャール柊、



    5時間掛かると思ったのに10分で終わった用事



    ってくらいクラブブレイクで暇してます!」


    果たして、ご指名ご来店いただける日は来るのだろうか、、、、


    お待ちしております!



    読んでいただき、あリシャとうございました!





    ____________________________

     


    リシャール柊のホスホス日記

    番外編

    [やばい、暇だ!パート4]完


  • 劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジloveスターリッシュツアーズ
    2022年9月27日 04:06

     

     

     

     

    ポップコーンを食べながら、映画が始まった。。。。。。。。

     

     

     

     

     

    「えぇ??!!?? えぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ??!!????!!???」

     

     

     

     

     

     

     

    ________________________________

     

     

    おはようござリシャす!

     

    究極の単語を見つけました。

    その単語は・・・・・

     

     

     

     

    「早漏の絶倫」

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    どうも、クラブBreakのリシャール柊です。

     

     

     

     

     

    先日、「劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジloveスターリッシュツアーズ」

    という映画を見てきました。

     

    興味ないものに触れてみることがいかに大事か、皆さんに伝えたいです。

     

     

    ぜひ読んでみてください。

     

     

     

     

    ________________________________

     

     

     

    「うたプリって知ってる?」

     

     

    一切知らない自分に腹が立った。

    どうやら、映画がやっているらしい。興味はないけど見てみることにした。

     

     

    まず、「劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジloveスターリッシュツアーズ」というタイトルの時点でなんの映画なのかさっぱり分からない。

     

    ただ、映画というのは必ず面白く作られていると思っているので、予備知識がなくともきっとイケるだろう。

     

     

    映画館に着く。

     

     

     

    『劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジloveスターリッシュツアーズ 

     

     

    無声上映』

     

     

     

    無声上映ってなんだ?

     

    注意書きには、上映中に声を出さないでくださいと書いてある。

     

    なるほど、映画をゆっくり座って見るために興奮するのはやめてくれということか。

     

     

     

    ポップコーンを買い席につく。

     

    周りは女性だらけだった。なぜか、全員ポップコーンを持っていない。

    俺だけが浮いているような気がした。

     

     

    ポップコーンを食べながら、映画が始まった。。。。。。。。

     

     

     

     

     

    「えぇ??!!?? えぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ??!!????!!???」

     

     

     

     

     

    皆がペンライトを取り出していた。

    推しのキャラクターが出てくるとペンライトを見せびらかすように振っている人たち。

     

     

    そんな中、ポップコーンを食べながらゆったり映画を見ている俺。

     

     

     

     

     

    かんっっっっぜんに空気に取り残されている。

     

     

     

     

     

    後でわかったのだが、『無声上映』というのは、声さえ出さなければ応援してもいいという意味だった。

     

     

    そして映画はライブの映像を終始流す内容。

     

    めちゃくちゃ盛り上がっている。

     

     

    やっぱり、、、、、、

     

     

     

    かんっっっっぜんに空気に取り残されている。

     

     

     

    ポップコーンを持って入った時の違和感は間違っていなかった。

    そして何より・・・

     

     

    1曲も知らない!!!!

     

     

     

     

    映画が終わり、ものすごい虚無感に襲われた。

     

    ただ、周りの人たちはめちゃくちゃ盛り上がっている。

     

     

     

     

    そうゆう世界もあるのかぁ。

    また1つ、新たなことを知れた。

     

     

    ________________________________

     

     

    きっとうたプリを見ている人は、僕がスターウォーズに興奮するのと同じ気持ちでうたプリを見ているんだと思います。

     

    色々な世界を知れた、ある意味最高な1日でした!

     

     

    え?推しは見つかったかって?

     

    僕の推しは・・・・・・・

     

     

     

     

     

     

    クラブブレイクでお待ちしてます。

     

     

     

    あ、僕を指名するのも忘れずに。

     

     

     

     

     

     

     

    「人の目が気になる?(^ー^)

    だったら誰よりも輝いて、

    むしろ人の目を集めればええねん!!(^^)v」

     

     

    あリシャとうございました!

     

     

     

    ____________________________

     

     

    リシャール柊のホスホス日記

    第31話 

    [  劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジloveスターリッシュツアーズ ] 完

     

     

     

  • ホストクラブにはなぜ「掃除組」が存在するのか
    2022年9月21日 13:01

     

     

     

    日本を代表する大企業、パナソニックの創業者・松本幸之助氏の名言を紹介しよう。

     

     

     

    「掃除を完全にするということは、一大事業である」

    「掃除ひとつできないような人間だったら、何もできない」

     

     

     

     

    ________________________________

     

     

    おはようござリシャす!

     

    昨日、我らがクラブBreakにて、

     

    【ヤング 対 アダルト 売り上げ対抗イベント】

     

    というのをやりました。

     

    結果はヤングチームの勝利で、僕のいるアダルトチームは負けてしまいましたがめちゃめちゃ盛り上がる最高のイベントになりました。

     

    いつもご指名ご来店いただきありがとうございます。

     

     

    どうも、クラブBreakのリシャール柊です。

     

     

     

     

    今回は、「ホストクラブにはなぜ「掃除組」が存在するのか」という点について持論を述べていきたいと思います。

     

    ホストクラブのみならず、色々な社会でも通ずる話だと思います。

     

     

    ぜひ読んでみてください。

     

     

     

     

     

     

     

    ________________________________

     

     

     

    ホストクラブにはなぜ「掃除組」が存在するのかという点において、結論から言えば、

     

     

    「誰でもできる作業を誰よりも出来なければ、大きな仕事は任されないし、できるわけがない。」

     

    「仕事が『デキル』とは、掃除ができることではなく、掃除ができる事は当たり前でその上で組織に利益を残せることである」

     

     

     

     

    過去、とある会社にいた際、たまたまその会社の社長と一緒に帰ったことがある。

    会社を出る際、社長が社内の掃除チェックを始めた。

     

    社内全体を見た後、社長が一言こう言った。

     

    「思った通り、この部署は掃除がしっかりできている。」

     

    その部署は、社内でもダントツの売り上げを誇る部署だった。

     

     

     

    掃除が仕事の全てではないという意見もあるだろう。

     

    ただ、過去の経験上、掃除ができる人はたとえ仕事でミスをしてクビになったとしても、その後の人生においてしっかりと這い上がるだけの何かを持っていた。

     

     

    日本では昔から、「掃き清める」「拭き清める」という表現があるように、それは自分自身の心の中にも通じると考えられている。

     

     

    掃除をして自分の居場所を整えることは、自分の心の中を整え清め浄化することにもなる。

     

     

     

    ホストクラブという異質な環境は

     

    ブサイク/イケメン

    太っている/痩せている

    陰キャ/陽キャ

     

    どんな状態であれ勝った方が正しい世界であるとともに、人間性の戦いでもある世界。

     

     

    掃除を通して自分の人間性を高め売り上げを上げる事こそ、掃除の本質であると言えるだろう。

     

     

     

     

    ________________________________

     

     

    こんなこと言ってる僕ですが、僕も掃除が完璧かと言われればそうじゃない日もたまにあります。

    ここ6ヶ月は掃除組を抜けていますが、人間としてまだまだだなと実感しております。

     

     

    そういえば、僕のオリジナルシャンパンが届きました。

     

     

     

     

     

    え?写真見せろだって?

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    クラブブレイクでお待ちしてます。

     

     

     

    あ、僕を指名するのも忘れずに。

     

     

     

     

     

     

    「人の目が気になる?(^ー^)

    だったら誰よりも輝いて、

    むしろ人の目を集めればええねん!!(^^)v」

     

     

    あリシャとうございました!

     

     

     

    ____________________________

     

     

    リシャール柊のホスホス日記

    第30話 

    [  ホストクラブにはなぜ掃除組が存在するのか ] 完

     

     

     

  • ダテバイク
    2022年9月15日 15:58

     

     

     

     

     

    若気の至りでチャリンコを盗んで警察に捕まって以来、チャリンコには乗っていない。

    (俺にだって治安悪い過去はそれなりにある)

     

     

     

     

    ________________________________

     

     

    おはようござリシャす!

     

    世の中勉強でございまして、近日中に「劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジloveスターリッシュツアーズ」という映画を見に行きたいと思います。

    めっちゃ興味ないですが勉強したいと思います。

     

    どうも、クラブbreakのリシャール柊です。

     

     

     

     

     

    先日、ダテバイクという乗り物に乗ってきました。

    別に面白くもなかったのですがブログに書き残しておこうと思います。

     

     

    久々チャリンコ乗りました~っていう内容です。

     

    寝起きで書いてるので多分言ってることぐちゃぐちゃです。

     

     

    ぜひ読んでみてください。

     

     

     

     

     

     

     

    ________________________________

     

     

     

    出勤前、仙台駅にて用事があった。

     

     

    いつも、仙台駅から国分町まで歩くのはめんどくさくてタクシーを使っている。

     

    正直、関東の人に言われたのだが仙台駅から国分町はどう考えても歩いて行く距離ではないらしい。

    その気持ちはものすごく分かると思った。

     

    それと同時に、「そんなんだからブクブク太るんだよ」と誰かに言われてるような気もした。

     

     

     

    よし、今日は歩くか。

     

     

     

     

    1歩、2歩、3歩・・・・・

     

     

     

    「歩くのだるいーーーーーーー」

     

     

     

     

    やっぱりタクシーに乗ろうとしたその時、赤いチャリンコが目に入る。

     

    それこそ、ダテバイクという仙台にあるレンタルサイクルである。

     

     

     

     

     

     

    「あれってさ、俺でも借りれるのかな?」

     

     

     

    詳細は敢えて省くが、せっかくのいい機会だからこの自転車に借りることにした。

     

     

    久々のチャリンコ。何年ぶりだろうか。

     

     

    実に9年ぶりのチャリンコ。

     

     

     

    若気の至りでチャリンコを盗んで警察に捕まって以来、チャリンコには乗っていない。

    (俺にだって治安悪い過去はそれなりにある)

    っっってか、あの時は終電逃しちゃってどう考えても帰る手段がなかったんだよ。

    捕まったお陰でパトカーをタクシー代わりに使ってやったぜ。へっっ!

    盗んだチャリで帰っても3時間かかるからね。それだったら捕まった方が安上がりやで。

    その時勤めてた会社には死ぬほど怒られたけど。。。。

     

     

     

     

     

     

    はぁー、俺なに言ってんだろ。

     

     

     

     

     

     

    ともかく、ダテバイクを借りて仙台駅から国分町に向かうことにした。

     

     

    乗ってみた感想は・・・・・

     

     

     

     

     

     

    「久々にチャリンコ乗るとめっちゃ怖い!!

    てか電動アシスト付きのチャリンコだからめっちゃ速い!!

    これ頑張ったらタクシーより速いやん!!!」

     

     

     

     

    5分くらいで国分町に着いてしまった。

     

     

    にしても、久々のチャリンコは気持ちがよかった。

     

     

     

    ただ、転んだりした場合バイク・車よりかなり危険な乗り物であるとも感じた。

     

     

    ド田舎でよく見かけるヘルメットをしてチャリンコに乗ってる学生たち、意外と理に敵っているんだと思った。

     

     

     

     

     

    世の中には一見無駄だと思えることが実はめちゃくちゃ理に敵っているなんてことがよくある。

     

     

     

    例えを2つ出すと、図書館とyoutube。

     

     

    どちらも出版業界と音楽業界から猛烈に批判されていた過去がある。

     

    それもそのはず、自分たちがお金を掛けて作ったものが無料で誰かの手に渡ってしまうのだ。

    作れば作るほど赤字になり業界が衰退していくと思われた。

     

     

    しかし、結果は違った。

    出版業界も音楽業界も一時的に売り上げが落ちた後でバブルのような売り上げを記録している。

     

     

    図書館に来たのは、それこそお金のない人たちだった。

    youtubeで音楽を聴いていた人も、お金がなくてCDが買えない人たちだった。

     

     

     

    お金のない人たちが、「新しいモノ」に触れるとどうなるか。

     

     

     

     

     

    本に触れる人が増えることにより、本を借りるではなく買いたいと思う人が増え、お金のない人たちは本を買うために貯金をするようになった。

     

     

    知らないアーティストの曲を簡単に聴けるようになったことで、新規のファンを獲得しやすくなり、結果CDの売り上げは下がったものの、ライブの売り上げが爆上がりした。

     

     

     

     

     

     

    ちょっと待ってなんの話してたっけ。

     

     

     

     

     

     

     

    んーーーーーーーー、、、、、

     

     

     

     

    ジャスティス!!!!!!!!!

     

     

     

     

     

     

     

     

    ________________________________

     

     

     

    というわけでみなさん、ダテバイクに興味持てましたでしょうか?

     

    というより、なんとなく新しいものに触れると自然と心も晴れるような気もしますよね。

     

     

    え?最近楽しくないって?

    俺と一緒にいたら100%楽しいよ!

     

     

    クラブブレイクでお待ちしてます。

     

     

     

    あ、僕を指名するのも忘れずに。

     

     

     

     

     

     

     

    「人の目が気になる?(^ー^)

    だったら誰よりも輝いて、

    むしろ人の目を集めればええねん!!(^^)v」

     

     

    あリシャとうございました!

     

     

     

    ____________________________

     

     

    リシャール柊のホスホス日記

    第29話 

    [  ダテバイク ] 完

     

     

     

  • サウナの効能
    2022年9月8日 03:20

     

     

     

     

    「お前さ、いっつも仕事ばっかりしてないで、たまにはサウナ行ってゆっくりエヴァンゲリオンでも見よーぜ」

     

     

     

     

     

     

    友達のこの言葉に、自分の時間を賭けてみることにした。

    まさか、たった1人の言葉で人生が変わることになるなんて、この時はまだ分からなかった。

     

     

    ________________________________

     

     

    おはようござリシャす!

     

    最近髪型を変えました。

    ホスト2年生になるので、心機一転また頑張っていこうと思います。

     

     

     

    どうも、クラブbreakのリシャール柊です。

     

     

     

     

    みなさん、サウナはよく行きますか?

    僕は2年前からサウナによく行くようになったのですが、サウナめちゃくちゃ良いです。

     

    今となってはストレス発散にはサウナが1番だと思っている僕ですが、サウナに入るようになったきっかけもあります。

     

     

     

    今回は、僕がサウナにハマったきっかけを紹介するとともに、みなさんにもサウナをお勧めしたいと思います。

     

     

     

    ぜひ読んでみてください。

     

     

     

     

     

     

     

    ________________________________

     

     

    これはまだ、俺がホストをやる前の話。

     

     

     

    ここでは敢えて職種は言わないが、俺は前職が大好きだった。天職だとすら思っていた。

     

    仕事が好きすぎて、あまりにも頑張りすぎて、無我夢中のままぶっ倒れて死にかけるのはもう少し先の話。

     

     

     

    何時間働いてるのか分からず、休みも取らない、ただひたすら働く。

     

     

     

    あの時の自分は、周りからきっと

     

    「あいつは何が楽しくてあんなに仕事してるんだろう」

     

    と、変人のように思われていたに違いない。

     

     

     

     

    だからこそ、あの時の友達の言葉が今でも忘れられない。

     

     

     

     

     

     

    「お前さ、いっつも仕事ばっかりしてないで、たまにはサウナ行ってゆっくりエヴァンゲリオンでも見よーぜ」

     

     

     

     

     

     

    友達のこの言葉に、自分の時間を賭けてみることにした。

    まさか、たった1人の言葉で人生が変わることになるなんて、この時はまだ分からなかった。

     

     

     

     

     

     

     

    サウナの入り方は、

     

    ①サウナ室に入る前に体を洗う。お風呂があればお風呂で体を温める。

    ②静かにサウナ室に入る。6分~15分。無理のない程度に

    ③かけ湯やかけ水で汗を流してから水風呂へ。水風呂の冷たさを感じにくくなるまで。

    ④休憩スペースで休憩をとる

    ⑤ ②~④を2~3回繰り返す

     

     

    サウナに入り、何セットか終わらせた時、言いようのない気持ちよさが体全体を覆った。

    世に言う「ととのう」という感覚だ。

     

     

     

    サウナの効能として

     

    ストレス緩和効果のある「オキシトシン」

    気分の高揚・幸福感が得られる「β-エンドルフィン」

    精神が安定する「セロトニン」

     

    この3つが同時に分泌されることが挙げられる。

     

     

    もう1度言うが、3つが「同時に分泌」されるため、ストレス発散にはもってこいだし、ましてや血流をよくする効果もあるため、疲労回復に最適なのである。

     

     

     

     

     

    ととのう感覚は、何とも言えない幸せな気分を感じさせてくれた。

     

    その後に見たエヴァンゲリオンもめちゃくちゃ面白く、ただなんとなく発せられた友達の一言に、僕は1日で虜になった。

     

     

     

    サウナ遠征にも行った。

    行ったことのない土地に、この時初めて興味を持った。あんなに旅行に興味など持てなかったのに。

     

    東京、山形、福島。。。。。

    ただ、サウナだけのために。

     

    そのくらい、サウナライフというのはお金も掛からない最高の趣味だと僕は思っている。

     

     

    もし、サウナに出会っていなかったら。。。。

    そんなことを考えると正直ゾッとする。

    きっと、もう少しつまらない人生を送っていたことだろう。

     

     

     

    あの時の自分に一言だけ何かを言えるなら、

     

    「過ぎたるは猶及ばざるが如し」

     

    という言葉を贈りたい。

     

     

     

    あ、意味は各々調べてね。

     

     

     

     

    ________________________________

     

     

     

    というわけでみなさん、サウナに興味持てましたでしょうか?

     

    サウナはおっさんが行く場所というイメージが強いですが、なぜおっさんは飽きることなく通うのか、そこを考えればまた色々な答えも見えてくるかと思います。

     

    最近は、サウナ女子なんて言葉も流行っていますね。

     

     

    サウナ女子の皆さん、僕とサウナについて語りましょう!

    サウナ男子もどしどし語りに来てください!

     

     

     

    クラブブレイクでお待ちしてます。

     

     

     

    あ、僕を指名するのも忘れずに。

     

     

     

     

     

     

     

    「人の目が気になる?(^ー^)

    だったら誰よりも輝いて、

    むしろ人の目を集めればええねん!!(^^)v」

     

     

    あリシャとうございました!

     

     

     

    ____________________________

     

     

    リシャール柊のホスホス日記

    第28話 

    [  サウナの効能 ] 完

     

     

     

  • リシャールの夏②
    2022年8月31日 16:23

     

     

     

     

     

    突如として手に入れた大金を手にした青年は

     

    新幹線のホームへ向かい、何も知らない土地に旅に出ることに決めた。

     

     

     

     

     

    ________________________________

     

     

    おはようござリシャす!

     

    仙台でせんべろ、めっちゃ楽しい。

     

     

    どうも、クラブbreakのリシャール柊です。

     

     

     

     

     

     

    先日、先輩からこんなことを言われました。

     

     

     

     

    「ホストだったら、知らない土地で知らない人と、思いっきりお金を使って遊んで来い」

     

     

     

     

    今回は、この言葉に思いっきり影響を受けた旅、

     

     

    「リシャール柊」の夏②

     

     

    をお送りします。

     

     

     

     

     

     

    ぜひ読んでみてください。

     

     

     

     

    (「リシャール柊」の夏①)  も見てね!!

     

     

    https://ameblo.jp/shu-break/entry-12756255216.html

     

     

     

    ________________________________

     

     

    とある夏の日。

     

     

    人はなぜ生きて、なぜ未来に希望を託すのか。

    そして、なぜ涙を流したり、なぜ汗をかいたり、なぜ人を好きになったりするのか。

     

     

    そんなことを考えながら歩いていた。

     

     

     

    「明日もし、自分が居なくなるとして、自分はどんな後悔をするんだろう」

     

     

     

     

    もっと、生きたいように生きれるならそうしたかった。

     

    とある漫画でも、結局はわがままを突き通した子供が1番幸せな大人として生きると書いてあった。

     

     

     

    今、俺のわがままを通していいのなら。

     

    俺は・・・・やっぱりあの時のように・・・

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    「もう1度だけ、パチンコに行きたい!!!」

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    普段、パチンコには全く行かない。

     

    ただ、1番楽しかった青春の1ページの思い出は、いろんな人とパチンコに行って儲けたお金で夜を明かしたことだった。

     

     

     

    気付けば、パチンコをしていた。

    そして気付けば、大当たりを連発していた。

     

     

    まだ青春を謳歌して良いと、誰かに言われているような気がした。

     

     

     

     

     

     

    「ホストだったら、知らない土地で知らない人と、思いっきりお金を使って遊んで来い」

     

     

     

     

     

     

     

     

    突如として大金を手に入れた青年は

     

    新幹線のホームへ向かい、何も知らない土地に旅に出ることに決めた。

     

     

     

     

     

     

    【2つの缶ビール、おつまみ、新幹線のチケット】

     

    「まもなく、郡山。  まもなく、郡山。」

     

     

     

     

     

     

     

     

    東北で2番目の都市、福島県郡山市。

     

    なぜ自分がここにきたのかもよく分からない。

    仙台には100万人の人口がいると言われている。

    それに比べて郡山は30万人。

     

     

    仙台の3分の1。確かに街の規模もその数字にいい意味で相応しいような街だった。

     

     

     

     

    まずサウナに入り、リラックスした状態で繁華街に繰り出した。

    自分にとって残り少ないであろう青春の1ページ。

    この街はそんな自分にどんな思い出を残してくれるのか。

     

     

    最初の晩酌は新幹線で済ませてある。

    2次会はどこにしようかな。

     

     

     

    1人で知らない繁華街を歩きながら、

     

    自分の未来なんてどうでもいいから、もっと若い人が自分より活躍してほしい。

    そんな若い人を応援するのもまた俺の役目かな。

     

    なんてことを考えていた。

     

     

     

     

     

     

    「お兄さ~ん、キャバクラどうっっすかーーーーーー」

     

     

     

     

     

     

    小さな街で勇気を持って声をかけてきた「若者」。きっと、俺の一挙手一投足でこの「若者の未来」は変わる。

    勇気ある「若者」に、「自分の未来」を託すことに決めた。

     

     

     

     

     

    キャバクラに入っても、自分より若い人しか出てこない。

    それでも寂しいなんて思わなかった。

    今回の旅の目的はいつの間にか

     

     

     

    「若者を応援すること」

     

     

     

    になっていたから。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    よし、シャンパン持って来い。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    飲み終わり、締めのラーメンを食べる。

     

     

     

    「麺屋 くさび」

     

     

     

    あれ、これ高校生の時の同級生とよく行ってたお店だ。

    仙台に無くなったと思ったら、こんなとこにあったのか。

     

     

    青春はいつまでも、どこかで続いていることを知った。

     

     

     

     

     

     

     

    またサウナに入り、眠りにつく。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    持っていた大金も、気付けば残り1万円になっていた。

     

    さて、帰りはローカル線で帰ろうかな。

     

     

     

     

     

     

     

     

    【2つのペットボトル、アイスクリーム、阿武隈急行線のチケット】

     

    「まもなく、仙台。  まもなく、仙台。」

     

     

     

     

     

    東北最大の都市、仙台。

     

     

     

     

    ここからまた自分の青春が始まるのか、それとも終わりが近づいているのか。

     

     

    そのうち結論は出るだろう。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    「スルメイカと、ビール買って帰ろうかな。」

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    おっさんみたいな組み合わせだな。笑

     

     

     

     

     

     

     

    ________________________________

     

     

     

    また今回も僕が書きたいことを書きたいように書いてみました。

    書いてる側はなかなか楽しいのですが、読んでみてどうだったでしょうか。

     

     

    ブログのタイトルが

     

    「リシャール柊」の夏②

     

    となっておりますが、夏があるということは・・・・・

     

     

     

     

    次は秋を感じたらこんな感じのブログ書きます。お楽しみに!

     

     

     

    ちなみにここに書ききれなかったお土産話もたくさんあるのでぜひ聞きにきてくださいね。

     

     

     

    クラブブレイクでお待ちしてます。

     

     

     

    あ、僕を指名するのも忘れずに。

     

     

     

     

     

     

     

    「人の目が気になる?(^ー^)

    だったら誰よりも輝いて、

    むしろ人の目を集めればええねん!!(^^)v」

     

     

    あリシャとうございました!

     

     

     

    ____________________________

     

     

    リシャール柊のホスホス日記

    第27話 

    [  リシャールの夏② ] 完

     

     

     

  • 「面白い」の正体
    2022年8月24日 03:26

     

     

     

    中学時代、みんなから面白いと言われていたあいつ。

     

    俺は、そいつの事が大嫌いだった。

     

     

    だからこそ、そいつが何かを言ってみんなが笑っていても、

    俺が笑うことは絶対に無かった。

     

     

     

     

    ________________________________

     

     

    おはようござリシャす!

     

    スラムダンク、思ってたより面白い。

     

     

    どうも、クラブbreakのリシャール柊です。

     

     

    みなさんの周りには「面白い人」っていますか?

     

     

    きっとほとんどの方の周りには、「面白い人」ってのが居ると思います。

     

     

    でもそんな「面白い人」でも、その人を嫌いだと思ってる人が必ずいます。

     

     

    なぜなのか?

    今回はそんな「面白い」ということの正体について書いていこうと思います。

     

     

    ぜひ読んでみてください。

     

     

     

     

     

    ________________________________

     

     

    中学時代、みんなから面白いと言われていたあいつ。

     

    俺は、そいつの事が大嫌いだった。

     

     

    だからこそ、そいつが何かを言ってみんなが笑っていても、

    俺が笑うことは絶対なかった。

     

     

     

    このエピソードと同じようなことが世間ではよく起こる。

     

     

    まず、「面白い」と聞いて何を思い浮かべるだろうか・・・・

     

     

    きっと、有名なお笑い芸人を思い浮かべるだろう。

     

     

     

    ただ、「有名なお笑い芸人」=「面白い人」

    という結論で終わらせていいものだろうか。

     

    きっと少し考えればそんな単純ではない事は誰にでもわかると思う。

     

     

     

    難しくなってきたので、早速結論をお伝えしたい。

     

    はっきり言う。

     

     

     

     

     

     

     

     

    「面白い」

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    「興味を持たれた時に、その興味に応えることが出来たモノ・存在・人物」

     

     

     

     

    簡単に言えば、

    ・テレビに出てる時点で面白いと思われてるから、盛大にボケてスベってもそれが芸だと見てる側は思う

    ・漫才師はそもそも漫才をすると思われてるから漫才を見てもらえる=お客さんが勝手に楽しもうとする

    ・ホストに飲みにきたらめっちゃ酒飲めるやつ出てきた

    ・ホストにイケメンを求めたらタイプのイケメン出てきた

    ・ホストにおもろさを求めたら芸人みたいなやつ出てきた

     

     

     

    逆を行ってはいけないと言いたいのだが、

    この結論の何より難しい点は、逆を行くとなぜかうまくいくこともあると言うことである。

     

     

     

     

     

     

     

    この結論からわかるように、「面白い」の正体はめっちゃくちゃ難しいのだ。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    人と会う時はどんな場合でも「下準備」をして、その人の興味に少しでも応えれる人間になろう。

     

     

     

    ________________________________

     

    参考になったでしょうか?

    ガチでこれめちゃくちゃ難しいんですよ。

     

     

    難しいと思ってもさ、

     

     

    「面白い」

    「興味を持たれた時に、その興味に応えることが出来たモノ・存在・人物」

     

    これは頭に入れといてくださいね。

     

     

     

     

     

     

    え?リシャール柊は面白くないだって????

     

     

     

     

     

     

     

     

    クラブブレイクでお待ちしてます。

     

     

     

    あ、僕を指名するのも忘れずに。

     

     

     

     

     

     

     

    「人の目が気になる?(^ー^)

    だったら誰よりも輝いて、

    むしろ人の目を集めればええねん!!(^^)v」

     

     

    あリシャとうございました!

     

     

     

    ____________________________

     

     

    リシャール柊のホスホス日記

    第26話 

    [ 「面白い」の正体 ] 完

     

     

     

  • 猿でもわかる話の聞き方のコツ
    2022年8月17日 15:38

     

     

     

    怪しい自己啓発本に書いてあるような事を言うつもりはない。

     

     

    ただ1だけ。

    今から言うことは必ず暗記してほしい。

     

     

    ________________________________

     

     

    おはようござリシャす!

     

    「やらされてやるな、自分からやれ!」

    なんて言葉があるけど、やらされてた方が継続できるし楽だよね。

     

     

     

    どうも、クラブbreakのリシャール柊です。

     

     

    みなさん、世界史って知ってますか?

     

     

     

     

     

    という、「鬼みたいに興味のない話題」にどれだけ食いつくことができますか?

     

     

    今回はそんな、

    「興味無い話」

    の聞き方を書いていきたいと思います。

     

     

     

    え?興味無いだって??

     

    そうゆうとこだぞ!!

     

     

     

    ぜひ読んでみてください。

     

     

     

     

     

    ________________________________

     

     

    皆さんは、「話の聞き方」と聞いて、何を思い浮かべるだろうか。

     

     

    きっと1番大事なことを「面白く聞くこと」と答える人は多いだろう。

     

    惜しい!めっちゃくちゃ惜しい!

     

    正直、「面白く聞くこと」は4番目に大事なことであって、1番大事なことではない。

     

     

     

     

    怪しい自己啓発本に書いてあるやうな事を言うつもりはない。

     

     

    ただ1だけ。

    今から言うことは必ず暗記してほしい。

     

     

     

     

     

    話を聞く上で大事な事は1位から4位まである。

     

    1位 傾聴【けいちょう】(興味ある感じ・興味ある態度で聞く)

     

    2位・3位 褒め・共感

     

    4位 面白さ

     

     

     

     

    基本的には、傾聴・褒め・共感で話を聞きながら、面白さで話に緩急をつけるイメージ。

     

     

     

     

    ほーって思ったでしょ?

    ほーって思ったでしょ?

     

     

    俺はこれをそれぞれの頭文字を取って「ホーホケキョの法則」と呼んでいる。

     

     

     

    この図を頭に入れておけばおそらく簡単に暗記できると思う。

     

     

     

     

    この4つのどれかを選んで会話を組み立てていくのが興味のない話を聞くコツである。

     

    順番は何でもいい。

     

    世界史という話題に対して、

    (面白さ→傾聴→褒め→共感→褒め→面白さ→傾聴→共感→面白さ)

     

    こうやって話を聞いていてけばだいたい5時間くらいはずっと同じ話を聞いていられる。

     

     

    そしてこの「ホーホケキョの法則」をベースにすれば、世の中のほとんどの心理学を当てはめることができる。

     

    ゴールドリーディング、イエスセット、返報性の原理、、、等々

     

     

    ぜひ暗記していい意味でも悪い意味でも乱用してみてほしい。

     

     

    ________________________________

     

    参考になったでしょうか?

    参考にするしないは別として頭に入れといていただけると嬉しいです。

     

    僕の会話のタネ明かししてるようで恥ずかしいのですが、このブログをキッカケにクラブブレイク全体のトークが盛り上がるといいなって思いながら書きました。

     

    誰かに話したいけど誰も興味の無い話をお持ちの方、気持ちよく聞きますので僕と語り合いましょう!

     

     

    クラブブレイクでお待ちしてます。

     

     

     

    あ、僕を指名するのも忘れずに。

     

     

     

     

     

     

     

    「人の目が気になる?(^ー^)

    だったら誰よりも輝いて、

    むしろ人の目を集めればええねん!!(^^)v」

     

     

    あリシャとうございました!

     

     

     

    ____________________________

     

     

    リシャール柊のホスホス日記

    第25話 

    [ 猿でもわかる話の聞き方のコツ] 完

     

     

     

  • 7月度、ナンバー1!!
    2022年8月8日 17:03

     

     

     

     

    頑張ったのは、俺じゃない。

     

     

     

    ________________________________

     

     

    おはようござリシャす!

    ごめん、一言だけ・・・

     

     

     

     

    今年の夏、あっっっっっつ!!!

     

     

     

    どうも、クラブbreakのリシャール柊です。

     

     

    7月度、クラブブレイク全体でナンバー1になれました。

    ホスト歴11ヶ月で遂にクラブブレイクの歴史に名前を刻むことができました。

     

    お姫ならびに支えてくれた方々、本当にありがとうございます。

     

    今回は、そんな7月度ナンバー1になってみて思ったことを書きたいと思います。

     

    かなり生々しいことも書いてます。

     

    ぜひ読んでみてください。

     

     

     

     

     

    ________________________________

     

     

     

    「7月度ナンバー1に輝いたのは、リシャール柊!!」

     

     

     

    なぜだ。なぜなんだ。実感が湧かない。

    「嬉しい」なんて気持ちより、「ありがとう」という気持ちが強い。

     

     

     

    俺がナンバー1に相応しいとは思えない。

    謙虚なのか、単純に頭が悪いのか、いろんな意味で調子に乗ってるのか。

    どの感情が自分の中にあるのかは分からない。

     

     

    ただ1つだけ、全ての感情に共通していることがある。

     

     

     

     

     

     

    頑張ったのは、俺じゃない。

     

     

     

     

     

    毎朝起きてすぐ、最低2人の女の子と電話して、出勤は誰よりも早くて、営業中はお姫を楽しませることを考えて、お茶の日は全力で悔しいから営業中も営業終わりもナンパして、休みの日も時間がある限りはナンパして、体調管理でサウナに行って、(体型の管理だけはできなかった、、、、、笑)

     

    そしてまた朝が来て。

     

     

    それでも、

     

     

     

     

    頑張ったのは、俺じゃない。

     

     

     

    総計5200円の最低料金でも、総計10万を超える会計でも、それを払ってくれたのはお姫であり、俺ではない。

     

     

    頑張ったのは、俺ではなく、お姫なのだ。

     

     

     

    指名してくれたお姫には、同じことを伝えている。

     

    「楽しいならお金を使ってもいいけど、つまらないなら使うな。」

     

     

     

     

     

    これからは、過去の自分と戦いながら、後輩を育てて、自分もお店も国分町で1番を目指していきたい。

     

     

     

    最後に。

     

     

    ナンバー1にしてくれて本当にありがとう!!

    指名してよかったって思われるよう、もっと上を目指していきます!!

    本当にありがとう!!

     

     

     

    ________________________________

     

     

    そして8月、副主任に昇格しました。

    色々な気持ちがあり、戸惑ってはいますが、ブログの更新を止めることなくまた楽しく読んでいただけるようなブログを書きます。

     

     

     

    今月は、8月9日(火) 青月カルマ バースデーイベント

     

        8月27日(土) 神風つばき バースデーイベント

     

    となっております。

     

     

    めっちゃ盛り上がるので一緒に楽しみましょう!

     

    クラブブレイクでお待ちしてます。

     

     

     

    あ、僕を指名するのも忘れずに。

     

     

     

     

     

     

     

    「人の目が気になる?(^ー^)

    だったら誰よりも輝いて、

    むしろ人の目を集めればええねん!!(^^)v」

     

     

    あリシャとうございました!

     

     

     

    ____________________________

     

     

    リシャール柊のホスホス日記

    第24話 

    [7月度、ナンバー1!!] 完

     

     

     

  • やばい、暇だ!パート3
    2022年8月6日 20:07



    どうも、クラブブレイクのリシャール柊です。


    本日、僕がお茶の日(お姫を呼べない日)ということでブログを上げてみようと思います。



    「本日、86()、リシャール柊、


    俺の偏差値であれば絶対に受かる高校に、滑り止めで受験しにきた時の休み時間か



    ってくらいクラブブレイクで暇してます!」


    果たして、ご指名ご来店いただける日は来るのだろうか、、、、


    お待ちしております!



    読んでいただき、あリシャとうございました!




    ____________________________

     


    リシャール柊のホスホス日記

    番外編

    [やばい、暇だ!パート3]完


  • やばい、暇だ!パート2
    2022年8月4日 20:33



    どうも、クラブブレイクのリシャール柊です。


    本日、僕がお茶の日(お姫を呼べない日)ということでブログを上げてみようと思います。



    「本日、84()、リシャール柊、


    ぐっすり寝たと思ったら2時間しか寝てなくて余った時間何したらええねん



    ってくらいクラブブレイクで暇してます!」


    果たして、ご指名ご来店いただける日は来るのだろうか、、、、


    お待ちしております!



    読んでいただき、あリシャとうございました!




    ____________________________

     


    リシャール柊のホスホス日記

    番外編

    [やばい、暇だ!パート2]完


  • 「リシャール柊」の夏①
    2022年7月31日 15:31

     

     

     

    降りる人は居る。

    乗る人は居ない。

     

    そんな路線バス。

     

     

    だらだらした旅の中に、何も見出せるものなんてなかった。

     

    ただ、それでいい。

     

    「何も知らない自分を知る。」

     

     

    そのための旅なんだから。

     

     

     

    ________________________________

     

     

    おはようござリシャす!

    夏になると、「菊次郎の夏」っていう映画を見てます。

    映画の影響を受けて温泉に旅をしてきました。

     

    どうも、クラブbreakのリシャール柊です。

     

     

     

     

    みなさん、「菊次郎の夏」と言う映画を知っていますか?

    ビートたけし監督の映画なのですが、

    ってか僕はたけし映画大好きなのですが・・・

     

     

    (たけし映画ってさ、1人の青春の1ページを表現するのが本当にうまいなって思います)

    (ってか、前々回のブログでもたけし映画を紹介してたような気がする・・・・・笑)

     

     

    簡単にあらすじだけ説明すると、

     

    1人の少年が夏休みを使って1人で旅に出るのですが、そこで出会う影響を受けない方がいいであろう大人たちと触れ合うことで、世の中の理不尽さを体感し大人への本当の意味での最初の1歩を踏み出していく

     

    と言うストーリーです。

     

     

    ぜひ見て下さい。

     

     

     

    なんでやねん

     

     

    今回はそんな「菊次郎の夏」に影響を受けた温泉旅行、

     

     

     

    「リシャール柊」の夏①

     

     

    をお送りします。

     

     

     

    ぜひ読んでみてください。

     

     

     

    (あ、ここからは久石譲さんの 「summer」って言う曲を聴きながら読んで欲しいです笑)

     

     

    ________________________________

     

     

    不思議だ。

     

     

    俺には行った事のない土地はたくさんあるのに、

    知ったような口で人と話してしまう。

     

     

    高校生の頃、サッカー部の遠征で試合をした全国各地。

     

    行った事があると思った土地も、ただサッカーをして帰っただけ。

     

     

     

     

    「仙台市営バス 作並温泉 行き」

     

     

     

     

    めっちゃ知らん路線バス。知ってるような気もする。

     

    めっちゃ急だけど、時間あるし乗ってみよう。

     

     

     

     

    仙台という大都会を出て、車窓から見る景色が田舎に変わっていくのをただじっと眺める。

     

     

     

     

     

     

     

    【仙台駅・テナントビル・住宅街・川・田んぼ・山】

     

     

     

     

     

     

     

     

    路線バスの運転手の口調も、心なしか穏やかになっていく。

     

     

    自分の心が穏やかになればなるほど、自分がなぜこのバスに乗ろうと思ったのか。

     

    その疑問が浮かんでは消えていく。

     

     

     

     

    「きっと、この旅で学ぶことは何もないんだろうな」

     

     

     

     

    降りる人は、居る。

    乗る人は、居ない。

     

     

     

     

    そんな、路線バス。

     

     

     

     

     

    だらだらした旅の中に、何も見出せるものなんてなかった。

     

     

     

     

     

    ただ、それでいい。

     

    「何も知らない自分を知る。」

     

     

    そのための旅なんだから。

     

     

     

     

     

     

     

     

    バスの終着点に着き、その場で入れる温泉を探す。

     

     

     

     

     

     

     

    入った温泉は俺に何かを伝えようとしているが、俺はそれを読み取ることができない。

     

     

    サウナは好きだが温泉はそんなに好きじゃない。

    そんな俺に何を求めようというのか。

     

     

    この温泉はきっと、国分町で働いている俺を少しばかり毛嫌いしているようにも感じた。

     

     

     

     

     

    ただ「夏」という事実だけが、景色を豊かにしながら、そして旅に「付録」を付けながら、俺の「額」を濡らしていく。

     

     

     

     

     

    温泉を出てタバコを吸い、帰路につく。

     

     

     

     

     

     

    「仙台市営バス 仙台駅 行き」

     

     

     

     

     

     

    【山・田んぼ・川・住宅街・テナントビル・仙台駅】

     

     

     

     

     

    家に着く。

     

    あとはスマホでYouTubeを見て寝るだけ。

     

    この旅になんの意味があったんだろうか。

     

     

     

    そうは思いつつも、どんな旅でも、帰ってみて毎回思うことがある。

     

     

     

     

     

     

    「旅は目の前にある「いつもの景色」を変えてくれるけど、結局は何も教えてくれない。

     

    人は帰る家があるから旅をする。

     

    帰ってからが本当の旅の始まりなんだ。」

     

     

     

     

     

     

    カッコつけてんじゃねーよw

     

     

     

     

    ________________________________

     

     

    今回は僕が書きたいことを書きたいように書いてみました。

    書いてる側はなかなか楽しいのですが、読んでみてどうだったでしょうか。

     

     

    ブログのタイトルが

     

    「リシャール柊」の夏①

     

    となっておりますが、①があるということは・・・・・

     

     

     

     

    書いてて楽しいので②も作る予定です。お楽しみに!

     

     

     

     

    みなさんはこの夏どこに旅に出かけますか?

    旅の感想などあれば聞かせてくださいね。

     

    クラブブレイクでお待ちしてます。

     

     

     

    あ、僕を指名するのも忘れずに。

     

     

     

     

    ちなみにこのブログ、7月度の締め日の出勤前に書いてます。

     

    締め日コワイヨ・・・・・ガンバル!!

     

     

     

     

     

     

    「人の目が気になる?(^ー^)

    だったら誰よりも輝いて、

    むしろ人の目を集めればええねん!!(^^)v」

     

     

    あリシャとうございました!

     

     

     

    ____________________________

     

     

    リシャール柊のホスホス日記

    第23話 

    [「リシャール柊」の夏①] 完

     

     

     

  • やばい、暇だ!
    2022年7月25日 21:22



    どうも、クラブブレイクのリシャール柊です。


    実験的に、僕がお茶の日(お姫を呼べない日)にブログを上げてみようと思います。


    725()、深夜のコンビニアルバイトくらい暇です!」


    果たして、ご指名ご来店いただける日は来るのか、、、、


    お待ちしております!



    読んでいただき、あリシャとうございました!




    ____________________________

     


    リシャール柊のホスホス日記

    番外編

    [やばい、暇だ!]完